« 住田町仮設住宅 | トップページ | 仮設住宅屋根からの眺め »

仮設住宅と桜

Cimg1596

 中上(旧下有住小) 仮設住宅入り口

Cimg1590

Cimg1592

Cimg1591

|

« 住田町仮設住宅 | トップページ | 仮設住宅屋根からの眺め »

コメント

初めまして。
私の森.jp運営事務局の杉田と申します。
地域材を使った仮設住宅の画像を探していて
こちらのブログに辿りつきました。

突然のお願いで恐縮ですが、
今年の森林・林業白書を紹介するページで
このページ内のcimg1592.jpgの画像を
挿絵写真として使わせて頂くことは可能でしょうか。
もちろんこのブログURLと合わせてご紹介させて頂きます。

勝手を申し上げてすみません。
ご連絡頂けましたら幸いです。

投稿: 杉田 直子 | 2011年7月29日 (金) 01時27分

初めまして、青柳と申します。
唐突な書き込みで失礼いたします。
 
住田町を象徴する写真を探していた所
この写真にたどり着きました。
他にかえの効かないすばらしい写真で、是非以下のサイトで使用させていただきたい所存です。
http://www.japanhospitality.com/_hiyokorecord_test/017.html

このページはテストページですが6月6日にはサーバーの方へ仮アップの予定です。
文章はまだ確定していませんがこのような感じになると思います。
【貴地および貴地で行われている文化に基づく行為と活動が、人間の根源的な営みおよび、それに関係する「人」の新しい可能性を切り拓いている事を評し認定します。
その理由は、以下の資本とその可能性が私どもとの対話・交通・研究の中から確認できたためです。
・場所が持つ林業とその関連産業の力を引き出すネットワークを構築し、産業・エネルギーの両面において独自の活用方法とその循環を編み出すことで場所資本を形成している。
・ 場所資本により生産された独自の木造簡易住宅などの製品を、世界に対しての直接的な流通として提供しようとしている。
・ 2011年3月11日の地震・津波災害の直後において、自律的判断から独自の木造簡易住宅を設置運営することを決定し、それを実践して周辺行政の救済を迅速に行ったため。
今後も、貴地の活動と方向性を同じくする団体、企業、人物、場所などとのネットワークを通じて、ホスピタリティ文化技術資本の増大がさまざまな利益を生み、そのことによって文化やビジネスがより発展・成熟してゆく事を祈念します。】

このホスピタリティ認定の主旨等は仮ページではございますが
トップページ
http://www.japanhospitality.com/_hiyokorecord_test/index.html
主旨と規準
http://www.japanhospitality.com/_hiyokorecord_test/va.html
でご覧になれます。

突然の書き込みで困惑されたと思いますが、是非使用の許可を頂きたくご連絡いたしました。
ご不明な点がございましたらメールをください。よろしくお願いいたします。

投稿: 青柳新吾 | 2012年5月31日 (木) 22時22分

青柳様
写真使用の件、連絡が遅れて申し訳ありません。
仮アップの6月6日は過ぎてしまいましたが
このような写真で良いのならいつでもお使いください。

投稿: | 2012年6月16日 (土) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468912/39866932

この記事へのトラックバック一覧です: 仮設住宅と桜:

« 住田町仮設住宅 | トップページ | 仮設住宅屋根からの眺め »