« 寒い(>_<) | トップページ | 仮設住宅建設始まる »

東日本大震災。

 3月11日 午後2時46分

 

 その日は 展示会で盛岡のアピオに行っていた。

 担当のお客様が早く帰ったため

 私も早めに会場をあとにし

 その時間は 遠野に差し掛かったところだった。

 運転中だっため それほど揺れは感じなかったが

 ラジオからのニュースで 大変なことが起きたとすぐ理解できた。

 娘は盛岡の学校、息子は中学校。とりあえず津波の影響はないはず

 問題は 嫁だった。

 朝の予定では 大船渡の姉のところに行ってくると言っていた。

 携帯もつながらない メールにも返信がない。

 帰ってくる途中の道路状況は何ともなく 急いで家に帰ると

 庭に 車を確認。

 息子と二人、家の中は恐いからと車中で 私の帰りを待っていた。

 やはり嫁は 大船渡の姉のところに行っていたらしく

 地震がおさまると同時に 帰ってきたらしい。

 途中 渋滞にはまり 津波の恐怖を感じながら

 なんとか 家にたどり着き 息子を迎えに学校へ行ったようだ。

 私の住んでいるところは 沿岸地域には属しているが

 山間部なので 津波の心配はなく

 幸いにも 大きい被害は なかったようで

 数日の停電。  携帯の不通。 ネットの不通。

 くらいだった。

 震災から数日後 はじめてニュースを見たときは

 衝撃的だった。

 大津波にのまれていく 家。車。町並み。

 初めて見る津波の威力。

 すべてを 一瞬にして 持ち去ってしまった。

 

 

 最後になりましたが

 東日本大震災により 被災された皆様に  心よりお見舞い致します。

 悲しくも 犠牲になられた方々の ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 そして 一日でも早い 復旧・復興を目指して 共に頑張りましょう。 

 

 

 

 

 

  

 

 

|

« 寒い(>_<) | トップページ | 仮設住宅建設始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468912/39372280

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災。:

« 寒い(>_<) | トップページ | 仮設住宅建設始まる »